top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#2 2021.10.15 英検について②

更新日:2022年1月13日


英検は3級より面接があります。こちらでスピーキング能力を図っています。4級、5級もスピーキングテストを2015年より開始していますが、こちらは現状独立しており未受験でも各級の合格は認定されますので少し位置づけが異なっています。


英検HPに面接の内容も掲載されているのでご参照いただきたいのですが、基本的には何をすべきか理解してしっかり準備すれば合格には届く内容です。準1級、1級あたりは自由度が上がるのでプラス即興で自分の意見を組み立てる必要がありますが、それでもスピーキングに自信が無い話者であればテンプレに肉付けするといった準備方法が効果的です。


”型に沿ってしゃべる”ことは一見マイナスの印象ですが、極端なことを言えばネイティブ話者も”大量の型を極めた”だけのことです。型を覚えたからこそ相互に意味が通じる範囲での応用がききます。そのことからもスピーキングは決まった言い方、答え方を覚えることから始まると考えます。


少し話が逸れましたが、英検準備をするにあたって少しではありますがアウトプットの必要性に気付けることは大きいです。テンプレにささやかでも自分のテイストを入れることでしっかりとした自分の意見になります。それを相手に伝えることができたという達成感を与えることは語学学習において早い段階でも可能ですし、必要です。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

2024.4.11 旅と英語㉟ 超悪路と超田舎

雄大なアンコールワット遺跡に魅せられ、シェムリアップののどかな雰囲気に癒され、旅にでてから始めて長居してもいいかもとおもった土地にはなりましたが、まだまだ訪れたい街はたくさんあります。後ろ髪をひかれながら出発します。次はベトナム、サイゴンです。 現状ではいろんな交通手段があるのかと思いますが、当時はまだやはりカンボジアの首都プノンペンに一度戻ることが一般的でした。 プノンペンからシェムリアップに来

2024.3.31 旅と英語 ㉞

シェムリアップで宿泊した宿はいわゆる日本人宿です。意味としては宿泊客のほとんどが日本人で占められる宿です。このような宿は世界各地ににいまだにたくさん存在すると思います。 こちらのご主人であった方は当時30代ぐらいの女性の方でした。そのため幼少期のころからいわゆるカンボジアの負の歴史を体験している世代です。このかたから当時の様子を聞く機会もありました。もちろん本人としては話すのもつらいのではないかと

Comments


bottom of page