top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#5 2021.10.25 TOEICについて②

更新日:2022年1月13日


前回申し上げた通り、TOEICは実践的な英語力をつけるにあたっての良い一歩目に使えると考えています。インプットに特化したテストですが、コミュニケーションはなんにしても相手の言いたいことを理解しないと始まりません。なので、先ずはTOEICで700点(800点が理想ですが)を目指してみてほしいです。こちらに達するとある程度英語を英語のままで理解する素地ができていると考えています。ただ申し上げた通り、ここがある意味スタートです。


TOEICのよくある否定意見として、900点オーバーでも英語をしゃべれないといったアウトプットのテストが無い点がやり玉にあげられます。実際そこはその通りかと思いますので、できればTOEIC スピーキング、ライティングも受けたほうが良いと思います。ただリスニング、リーディングテストだけでも、900オーバーの方はアウトプットの訓練をすれば一気に伸びます。それは900点に達するためには英語の基礎能力が身についているからです。逆に600点で英語での業務に支障がないとおっしゃっている方は、業界内でのしっかりしたやり取りのフォーマットがあるのか、または相手の方が細かい間違いを追求しないでいてくれている可能性も高いです。現実社会ではネイティブ同士でも英語のルールには揺れがありますし言葉は日々変化するものですから、細かいところには目をつぶるは大賛成なのですが、それでもある程度の幅をもちつつも”正しい英語”の意識は必要かと思います。


他TOEICのポジティブ面ですが、受験のしやすさは特筆です。先ず受験料ですが、久々に調べましたがリスニング、リーディングだけであると6490円です。また会社、学校などでより安価(無料)で受けられるケースもあるかと思います。対して英検はまだまし(1級以外は10000円以下)ですが、IELTS,TOEFLは25000円オーバーです。基本的にこちらは留学や移民を考えている方しか受験しないと思いますが、ダメ元や力試しで受験をする値段ではないです。

また、試験日、会場もとても多く地方での受験も難しくありません。試験内容(マークシート方式、スピーキング、ライティングの採点が無い)を考えると、費用が抑えられ、会場設定がしやすいことはある意味当然なのですが、やはりありがたいことです。


TOEICの良さは上記のように感じています。なんだかんだ言われることも多いテストですが、使い方によってはとても有用性があると思います。何十年も英語能力を図る(あくまで一つの)尺度として社会的な認知度が高いことを考えると当然かもしれません。


ただしですが、物事にはやはりマイナス面もあります。そちらについてまた次回以降触れたいと思います。










閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Comments


bottom of page