top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#8 2021.11.1 リスニング②

更新日:2022年1月13日

リスニングについての続きです。

リスニング学習の基本は前回述べましたが、音とイメージ(概念)を一緒にインプットすることです。


上記の実際の実施方法としては、フラッシュカード、本、動画、スマホアプリなど利用します。単語を読み上げながら絵をみせる、または音源のある絵を見せます。

小さなお子様については先ず単語でスタートして、2語文、3語文、それ以上の簡単な文と段階を踏むことが取っつきやすいかと思いますが、ある程度日本語でも長い文章に慣れているお子様であれば、いきなり文章での導入でも良いかと思います。ただし少し工夫をすることでより理解しやすくなります。


例えば、男の人がリンゴを丸かじりしている絵を見せながら“He is eating an apple.”で導入する場合には、理解の手助けとして”He”のタイミングで男の人を指差しして、“eating”で口元を指さし、”an apple”. のタイミングでりんごを指さします。何度か繰り返せば自然とメカニズムは頭に入るはずです。

難しい表現の場合は日本語で助けてあげても良いですが、間違っても“これは進行形でbe動詞と~ingを使ってうんぬん、、”といった細かい説明は不要です。あくまでも状況のイメージが頭に焼き付けばOKです、この先たくさんのいわゆる“進行形”を使った文章を聞いて、読む際にしっかりとしたイメージが伴っていれば自然に意味を構築できるようになります。


上記を楽しみながら、また記憶に定着しやすくするにはやはり物語があったほうが良いと思います。そのため英語の絵本は恰好の教材です。英語を学習するというよりは物語に触れられるという喜びを育ててあげれば習慣になります。語学学習は反復練習が絶対必要なので、絵本の音読が習慣づけばとても効果的な学習につながります。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Commentaires


bottom of page