top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2021.11.12 英語学習の目的について

英語学習の目的について!というと大層な感じに聞こえますが、こと日本においてはそこがきちんと整理できているかわからないまま学習に勤しんでいる方が少なくないです。


先ず一つ声を大にして言いたいことですが、英語は使ってなんぼです。そして使い方は自由です。読むだけ、聴くだけ、書くだけなんでも良いです。ただ使わないことには意味がないと思っています。(受験対策はちょっとしょうがないですが。。)


英語学習での英語はスポーツにおける練習です。いくら高度な英語スピーチをレッスン中にしていても、実際の世の中には影響を及ぼしません。それであれば、現実世界で身振り手振りを交えてでもつたない英語で外国人旅行者の道案内をしてあげることの方が意味があると思います。英会話レッスンのフリーカンバセーションであっても相手はお金をもらって、レッスンをしているという点を理解してください。


また、資格試験に”合格するためだけ”の勉強は避けましょう。というのも合格することより、英語力を伸ばす方が本来大事だからです。英検1級では例えば合格点がしっかりあるのですが、そちらに達すれば4技能のバランスが極端に悪くても合格します。なので、リスニングは自信がないから、ライティングで稼いで合格しようといった考え方が生まれます。その方法で合格することにはたして意味はあるでしょうか?


もちろん、大学受験のようにTOEICの点数や英検合格が、進学や求職活動に必要なこともありますのでその場合は姑息な手段を使ってでも合格を!という考え方はわかります。しかしながらそうでなければ、自分は何のために英語学習しているのかという点については、定期的に振り返る必要があると思います。小さなお子様に英語学習を促している親御様も同様です。受験対策でも必要ならもちろん良いのですが、タイミングも含めて英語をやる意味をきちんと考えてみてください。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.25 旅と英語 ㊵ 愛の谷に一人

前述した通り、シンカフェではツアーを取り扱っています。だらだらモードをぬけて少し観光をしようと思い立ち、宿にあったガイドブックで見つけたダラットという山間の景勝地を目指します。バスで6時間ほどとかなりありますが、このあたりまでくるとその位の移動は普通に受け止められるようになってきました。 ベトナムの風景は、タイとも、カンボジアとも少し違う印象です。田んぼだったり、畑だったりの風景が自分の中の昔の日

2024.6.18  お風呂の椅子でディナー

新しい街ではやはりうろうろすることが先ずは楽しいです。ただしさすがベトナムでともかく暑いです。あまり頑張るとすぐに疲れてしまいます。 旅行の印象を決定づけるものの一つの要素として大きなものは食事です。こちらはほぼ皆さん依存が無いかと思います。風光明媚な観光地であっても食事がいまいちだとやはり気分は損なわれます。今まで、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジアときてそのあたり口に合わないメニューも

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

Comments


bottom of page