top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#15 2021.11.17 ライティング②

更新日:2022年1月13日

今回もライティングです。

レッスンをしていると、ライティングについて苦手意識を持っている生徒が多いです。実のところ私も以前は苦手であり嫌いでした。理由を考えてみたのですが、はっきりとこれが正解といったところが無いので、自分の書く文章があっているのか自信がもてないといったところが大きいのかなと思っています。

上記の不安を解消するために、先ずは自信を持ちやすい短い文章を作っていく練習が必要です。例えば”私は昨日学校に行きました”→”I went to school yesterday." はあまりぶれることが無いかと思います。このような自信を持てる文章のストックをたくさん持てば良いのです。

今はネットでも書籍でも短い英作文の練習教材があふれていますのでそれらを利用して、日本語→英語の英作文をどんどんやってみてください。短い英作文は、語彙、文法の基本的な知識(中学英語程度)が必要ですが、これを逆手にとって英作文をしながら英文法の構造を学んでしまうことも可能です。実際に本などを使わずに、コミュニケーションの中で言葉を覚えている人はこの流れで構造を理解していると思います。


長い自由英作文も結局は、短い自由じゃない英作文の派生です。割と書ける人でも文章のレパートリーはそこまで多くないケースが多いです。細かな心象風景など描写したい小説家を目指すのでなければ、シンプルでわかりやすい英語で充分です。その基盤は中学英語の文法で短い英作文ができればほぼ問題無いです。あとは分野に応じて語彙、場合によっては表現を肉付けしていきましょう。

厳密にいえばIwent to school yesterday. も the を入れる入れないなど細かい点が気になることが多いです。が、上記の英作文練習をある程度こなした後はどんどん仕事で使ったり、友達とやりとりしたりして、使う中でブラッシュアップしたほうが良いです。英語の専門化でなければ、先ずは文法的に正解かではなく伝わるかを優先しましょう。ルールはネイティブの間でも議論になりますので神経質になりすぎないことが大事です。これは4技能全てにいえます。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.25 旅と英語 ㊵ 愛の谷に一人

前述した通り、シンカフェではツアーを取り扱っています。だらだらモードをぬけて少し観光をしようと思い立ち、宿にあったガイドブックで見つけたダラットという山間の景勝地を目指します。バスで6時間ほどとかなりありますが、このあたりまでくるとその位の移動は普通に受け止められるようになってきました。 ベトナムの風景は、タイとも、カンボジアとも少し違う印象です。田んぼだったり、畑だったりの風景が自分の中の昔の日

2024.6.18  お風呂の椅子でディナー

新しい街ではやはりうろうろすることが先ずは楽しいです。ただしさすがベトナムでともかく暑いです。あまり頑張るとすぐに疲れてしまいます。 旅行の印象を決定づけるものの一つの要素として大きなものは食事です。こちらはほぼ皆さん依存が無いかと思います。風光明媚な観光地であっても食事がいまいちだとやはり気分は損なわれます。今まで、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジアときてそのあたり口に合わないメニューも

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

Comments


bottom of page