top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#17 2021.11.22 スピーキング①

更新日:2022年1月13日

今回からスピーキングについて少し。ポイントは以下です。

①語彙、文法の基礎 ②瞬発力の強化 ③専門性の強化


4技能の全ての共通項目として、日常会話(何をもって日常会話と呼ぶかは議論の余地がありますが)においても基礎的な語彙と文法理解はもちろん必須となります。ただ英検3級程度の知識があれば英語圏でも生活するには十分です。


よく学校英語と実践的な英語は違うといった声も聞きますが、個人的にはそうは思いません。学校英語、受験英語に近い、英検テストの3級までに習得すべき文法事項を駆使すればほぼ問題なくコミュニケーションは取れます。ただ、特に挨拶やスラングなどは学校ではあまり習うことがないので、少し知っておくと良いとは思います。ただそれすらも実地でどんどん増やせばいいだけのことです。


また個人的におすすめしないのが、場面ごとのフレーズ集での学習です。駅でチケットを買う、お店で買い物をする、ホテルでチェックインをするといった類の会話を練習するテキストが割と多く売られていますが、これらが全く役立たないとは言いませんが、実際の場面では、先ず間違いなく勉強した通りには進みません。この手のテキストのみで勉強すると、予期せぬ事態への対応力が養われませんし、ピンポイントで細かい場面場面に合わせていちいち学ぶことはあまりにも不効率だと考えます。Could you check the availability of a single room for me? は Do you have a single room (available)? で充分です。相手も状況を見て言わんとしていることを理解してくれます。


効率良くスピーキングを伸ばすには汎用性のある文章を覚えていくことが大事です。そしてこれらはそれほど多くはありません。I would like to ~ 、I can not ~ 、I am looking for ~ などなど誰もがしっている表現にあとは語彙を当てはめていけばかなりの場面で自分の意志を表現することができます。そのための基本的な語彙と文法事項の理解、これが先ず第一段階です。

#英語学習 #英検 #英語スピーキング

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.1.9 旅と英語

シェムリアップからバイクの後部座席にまたがりカンボジアのおっちゃんといっしょにまだ暗い街を一路アンコールワットへと走ります。 しばらくすると遺跡の一部に到着し、上に登ります。空が白んできたので一面のジャングルと遺跡群が360度に見渡せます。さすがの地元ガイドさんのチョイスです。朝日がジャングルと遺跡群を照らし神々しい景色です。角度によっては現代風の建物は視界に入らないので、何百年前の景色もさほど変

2023.7.12 旅と英語㉛ 

シェムリアップはプノンペンとは大きく違い、基本的には自然に囲まれた村といった方が近い田舎町でした。ボートがついた場所からは少し距離があります。 ボートが到着すると先ずは大歓迎を受けます。もちろんシェムリアップからやってきた客引きの方々です。有名人になったかのようにあちこちから声をかけられます。中にはすでに予約がある人もいるのでその場合は、空港での出迎えのように名前いりのボードを持っていたりします。

2023.6.21 旅と英語㉚

プノンペンで衝撃を受けた後、いよいよハイライトであるアンコールワットに向かうため観光の拠点となるシェムリアップに向かいます。こちらには3通りの行き方があります。 先ずはやはり固く楽ちんな飛行機です。こちらがやはりおすすめです。それからピックアップトラックで陸路を延々と進む方法です。こちらも多いです。 では無く第3の方法を選んだのですが、それはボートで川を北上しトンレサップ湖を縦断していく方法です。

bottom of page