top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#21 2021.12.1 英語教材について②

更新日:2022年1月13日


前回申し上げましたとおり、英語教材(今回は紙媒体のテキストについて話しています)を選ぶ前に、はたして何を強化したいのかはっきりさせる必要があります。これは至極もっともなことかと思います。


ただですが、これは意外と難しいことだったりします。例えばTOEICでリスニングが壊滅的にできない方がいたとします。であるとTOEICコーナーに行きTOEICリスニング強化!の本を買えばいいのかというとそうでない可能性もあります。


リスニングができない理由には様々あるからです。語彙、文法理解が足りていない、前から理解する訓練ができていない、英語のリンキングに慣れていないなどなど。学習者の状況において適切な学習をしてあげないと学習効率が悪いですし、下手をするとまったく向上しない可能性もあります。先ずはできなかった問題をひとつひとつ確認しながら何がわかったら、正解できたのか確認してみましょう。面倒ですが、実は一番の近道です。


高校生以上位の学習者であればこのあたりの分析はある程度個人でできると思いますので、できるだけ自分の弱点を分析してからそれに対応する書籍にあたってください。現在の自分の位置を知り、目標との差をはっきりさせることで課題を把握しましょう。


ただ初級者については弱点のあぶりだしが難しいと思います、その場合にはある程度全般的に対応した書籍(例えばTOEIC全解説などとうたっている書籍)を先ずは選んでみてください。そちらに取り組む中でよりピンポイントでフォーカスすべき範囲がわかってくるかと思います。


注意点ですが、そのような先ずは全体を網羅する系の参考書を使用する際も常に自分自身の課題を考えながら取り組むことです。書籍はあくまでも大勢の読者を仮定して書かれていますので、個々人の具体的な弱点を細かくケアしてくれるわけではありません。それを理解したうえで利用する必要があります。

#英語学習

#英語教材

#英検

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.1.9 旅と英語

シェムリアップからバイクの後部座席にまたがりカンボジアのおっちゃんといっしょにまだ暗い街を一路アンコールワットへと走ります。 しばらくすると遺跡の一部に到着し、上に登ります。空が白んできたので一面のジャングルと遺跡群が360度に見渡せます。さすがの地元ガイドさんのチョイスです。朝日がジャングルと遺跡群を照らし神々しい景色です。角度によっては現代風の建物は視界に入らないので、何百年前の景色もさほど変

2023.7.12 旅と英語㉛ 

シェムリアップはプノンペンとは大きく違い、基本的には自然に囲まれた村といった方が近い田舎町でした。ボートがついた場所からは少し距離があります。 ボートが到着すると先ずは大歓迎を受けます。もちろんシェムリアップからやってきた客引きの方々です。有名人になったかのようにあちこちから声をかけられます。中にはすでに予約がある人もいるのでその場合は、空港での出迎えのように名前いりのボードを持っていたりします。

2023.6.21 旅と英語㉚

プノンペンで衝撃を受けた後、いよいよハイライトであるアンコールワットに向かうため観光の拠点となるシェムリアップに向かいます。こちらには3通りの行き方があります。 先ずはやはり固く楽ちんな飛行機です。こちらがやはりおすすめです。それからピックアップトラックで陸路を延々と進む方法です。こちらも多いです。 では無く第3の方法を選んだのですが、それはボートで川を北上しトンレサップ湖を縦断していく方法です。

bottom of page