top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#25 2021.12.10 英検1級受験レポート②

更新日:2022年1月13日

無事試験会場につき、席に着きました。窓側一番後ろに陣取ったのでよく皆さんの様子が見えます。試験官の方が教壇に一人。受験者の方は参考書やノートを開いて最後の追い込みをされる方、ゆったりと開始を待つ方様々です。自分はというと長丁場の英検1級試験ですので、集中力を確保したく何もしないことに決めています。


今回の教室はそこまで広くありませんでしたが、それでも中学校、高校の教室の1.5倍ぐらいのサイズはあったかと思います。長机が三列、座席は机と一体になっていてバタンと倒すタイプです。


飲み物は試験の説明開始時間まで大丈夫ですので是非持ち込んでください。また教室の暑さ、寒さについては会場によって、教室によって違うと思いますが、夏場であれば冷房ききすぎ、冬場であれば暑すぎなどを考慮して調節できる服装がやはり良いと思います。


また席の位置についてですが、こちらも気にされる方少なくないと思います。特にリスニングを気にして前に座りたい方いらっしゃると思いますが、一番後ろでも音声で問題を感じたことはありません。(最後尾は2回あります)あるとすれば外からの音かと思いますが、その場合は座席の位置で左右されることではないと思いますので、それよりも一番落ち着く席で良いと思います。もし座席のポジションを気にされる方がいればやはり開場前に行くぐらい早めに到着するしかないと思われます。


英検は鉛筆、シャーペンどちらでも大丈夫ですので、私はいつも使っているシャーペン2本に芯を追加して消しゴムと一緒に机の上に用意しました。マークシートがしやすいのはB、HBどちらが良いなどの話もでますが、私の場合は今回、前回ともHBシャーペンで臨みましたが、記入時も消す際も特にやりにくさは感じませんでした。


ちなみに教室に入った後も試験前であればトイレは自由に行けます。もちろんですが。

時間が来たのでいよいよ説明が始まります。

#英検1級

#英検

#英検学習

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Comments


bottom of page