top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#26 2021.12.13 英検1級受験レポート③

更新日:2022年1月13日

試験の説明が始まりました。こちらでいったん机の上から必要でないものをかばんにしまうよう指示されますので、シャーペン(鉛筆)、消しゴム、受験票のみを机の上に残します。試験官が教室をぐるっとまわり問題が無いかチェックします。またこの際にコロナウィルスに関するヘルスチェック画面を見せました。


ここでリスニングテストのための音響チェックが行われます。サンプルの音声が流されるのでその際にボリュームに問題があれば指摘できるようですが、英検、TOEIC、IELTS会場にていまだかつて指摘した方を見たことがありません。これはなかなか勇気がいりますし、なにより音響に問題があるような設備の教室はもとより使用しないと思います。一番後ろの私も問題無く聞こえました。また会場が広い敷地内である大学ということもあり車の音などの環境音的なものも全く気になるレベルではありませんでした。


時間となりいよいよ試験の開始です。申し上げたとおり私は試験直前には何もしないのですが、こちらは余裕ではなく、英語に触れない時間を少しでもつくることで”さあやろう”感がでます。


私の英検戦略は特にないのですが、先ず語彙問題はガンガン解いていきます。悪名高い(?)1級語彙問題ですが私はあまり嫌いではありません。といっても得意というわけではなく、わからなければわからないと割とあっさり諦められるからです。悩んでも無駄!とわりきってわからない問題もそれなりに解答はしておきます。そのような問題はあとで時間があれば再考できるよう問題用紙にチェックはします。そうすることで、リーディングやライティングに時間を使いたいです。

#英検

#英検1級

#英検受験

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

2024.4.11 旅と英語㉟ 超悪路と超田舎

雄大なアンコールワット遺跡に魅せられ、シェムリアップののどかな雰囲気に癒され、旅にでてから始めて長居してもいいかもとおもった土地にはなりましたが、まだまだ訪れたい街はたくさんあります。後ろ髪をひかれながら出発します。次はベトナム、サイゴンです。 現状ではいろんな交通手段があるのかと思いますが、当時はまだやはりカンボジアの首都プノンペンに一度戻ることが一般的でした。 プノンペンからシェムリアップに来

2024.3.31 旅と英語 ㉞

シェムリアップで宿泊した宿はいわゆる日本人宿です。意味としては宿泊客のほとんどが日本人で占められる宿です。このような宿は世界各地ににいまだにたくさん存在すると思います。 こちらのご主人であった方は当時30代ぐらいの女性の方でした。そのため幼少期のころからいわゆるカンボジアの負の歴史を体験している世代です。このかたから当時の様子を聞く機会もありました。もちろん本人としては話すのもつらいのではないかと

Comments


bottom of page