top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#27 2021.12.15 英検1級受験レポート④

更新日:2022年1月13日



続いて長文です。1級の長文はボリュームたっぷりですが、いわゆる良文しかおそらくでてきませんので構成が素直で読みやすいです。なのでシンプルに語彙力を高めていくことで読めるようになってくると思いますし、わからないときは逆に語彙力不足と言えるかと思います。最後の長文はとても長いのですが、パラグラフごとに刻んでいくことでそこまでストレスなく読めるのではないでしょうか。問題の出し方も例えば最後の問題の答えが文章序盤にあるといったトリッキーなことが通常ありません。長文でも自信の無い問題はチェックをつけておきあとで可能であれば見直せるようにしておきます。


リーディングをいったん終えた時点で残り50分ほどです、この位の時間があると落ち着いてライティングに取り組めます。今回のテーマはざっくりと現代社会において個人のプライバシーは守られるか!です。身近なテーマですので比較的書きやすい内容であったと思います。問題用紙は好き勝手に書き込んで良いのでまずは構成を考えるためにメモ書きをします。


ライティングにおける個人的な問題として私は字が汚いです。。。なので他人が読めるように書くと少しスローダウンせざるをえません。好き嫌いあると思いますが、やはり時代を考えると英検はコンピューターベースに完全移行(まだ1級がありません)していただきたいと思います。そのほうがコストも下がり、受験料も下がるのではないでしょうか?


ライティングを終了。試験は終わっていませんが、とりあえず全ての問題に解答はしたというところで、一息つき、残り時間でできるだけ見直しをします。ちょっと自信の無かった、語彙、長文問題に戻り改めて考えてみます。通常あまり考えが変わることが無いのですが、時間が許す限りしっかりと見直します。


タイムアップです!手を止めるよう指示されます。

完璧!余裕!なんていう感想は全くありませんが、自分の能力に応じてやるべきことをやったというところです。大切なことはその時点でのマックスをできるだけテストに反映できるかですので、その感想で充分だと思います。


後はリスニングです。

#英検

#英検1級

#英検受験

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Bình luận


bottom of page