top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#38 2022.1.14 英検1級勉強法 ライティング②

ライティングはアウトプットです。この作業が日本人学習者は比較的苦手だと考えていまして、そこがひいてはスピーキングもできない原因となっています。(と思います。)ですので以下のトレーニングはそのままスピーキングにも活きてきます。


やってほしいことは短い英作文です。こちらは昨今はやっている瞬間英作文の作業がそちらに当てはまります。ライティングに自信の無い方は、本屋さん、アマゾンなんでも良いのですが瞬間英作文のテキストに是非とりくんでみてください。


注意してほしいのは1級だから高級な文章を書くために例えば超難関校の英作文対策本などに手を出す必要はないということです。中学校の文法レベルをカバーしてあるものでOKです。こちらに準1級以上の語彙をのせていけば、少なくとも英検1級の合格水準には届きます。


短い英作文を続けると英語の感覚で文章をつくることに少しずつシフトできるようになると思います。要は直訳をしないようになりますので、スピードは格段にあがり、英文がより自然な表現に(少なくとも理解可能な表現に)なります。このあたりの訓練がスピーキングにもとても効果があります。というのもライティング以上に、スピーキングは瞬発力が問われるので日本語訳を続けることは通常困難で、英語で考えて英語を生成する必要がやはり必要だからです。


ここで、??瞬間英作文も日本語→英語訳をしているんじゃ?という疑問を持つ方がいるかと思いますが、この場合の日本語の役割はというと、”きっかけつくり”に過ぎないと考えています。本来であれば画像なんかが一番良いのだと思います。例えば”道の向こうに立っている女の人は私の母です”という日本語の文章も、その状況を画像にしてあげてそちらを英語訳することがよりよい方法だとは思います。(実際にそういった教材もあります)


ただし、画像ですべてを表現することはけっこう難しく、抽象的な状況はそれこそ表現が難しかったり、画像の認知の仕方も主観的になってしまう可能性があることを考えると、既存のテキストのように、日本語をきっかけワードに→英訳するといったトレーニング方法で問題無いと思います。


英検1級を受けようとする方はこのあたり簡単な可能性大ですが、アウトプットに苦手意識を持つ方で、瞬間英作文に未経験の方は、是非瞬間英作文はとりくんでみてください。ベーシックなもの(中学文法)で良いです。ただし本当に瞬時にできるようになるまで取り組んでください。

#英検1級

#英検

#英検ライティング

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Comments


bottom of page