top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.10.6 旅と英語⑧

果てしなく続く熱帯雨林(なのかな)に圧倒されながら、それでも次第に疲れてうとうとしながら過ごしていると、バスはマレーシアの首都、東南アジア屈指の大都市KL(クアラルンプール)に到着しました。


当時はスマホが無いですし、ネットの整備も今とは段違いでしたのでネット予約なるものはほぼなかったと記憶しています。なので事前予約に関しては電話予約が主流でした。


となると問題なのはホームページがあるような大きなホテルなどはいいのですが、貧乏旅行用の宿になると事前予約をしようにもどのような宿なのかあまりに情報がありませんでした。なので事前予約はなかなか判断が難しかったことを覚えています。


そのため基本的には街に到着してから実際に自分の目でみて泊まる宿を決めることがほとんどでした、もちろん満室であることもよくあるので、落ち着くまで延々と街をうろつくこともあったのですが、基本的には安宿は決まったエリアに固まっており、いくつかまわるとなんとかそれなりに満足できる宿が見つかったものでした。


この時に使ったフレーズは”Do you have a room available?" な感じです。available といった表現は学生時代に習ったかと思うのですが、全然覚えていませんでした。なので当初はとても言いにくかったことを覚えています。今考えれば”Do you have a room?”で全然通じると思いますが、それでも”room"の発音が微妙となります。


といろいろ書きましたが、相手に伝わるのか?など心配する必要はまったくなく、宿のフロントにリュックをしょった小汚い男が現れたら会話の意図は明白です。おそらく日本語で話しかけても相手は理解してくれそうな勢いです。そうです、会話の理解は言語情報以外の要素がとても大きいのです。


逆に考えるとそれこそ、状況を考慮して推測しすぎると、会話の内容をおろそかにしてしまいはやとちりすることもあります。肝に銘じておきたいことです。


#マレーシア #バックパッカー #安宿

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Comments


bottom of page