top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.11.17 旅と英語⑫

マレーシアのパンコール島に向かう前に、ドイツ人カップルとイギリス人の女の子と知り合い数日間行動を共にすることになりました。


シンガポールにて旅をスタートしてからすぐに気づいたのは、欧米人の荷物のでかさです。冗談でなく、自分の身体ぐらいの大きさのバックパックを背負っているような方も見かけます。それはさすがに少数としても、とにかく荷物がでかいです。何が入っているのかいつも気になるところでした。


みんなではないと思いますが、ある欧米人旅行者は各地で得たお土産などが膨れあがって大荷物になっていると教えてくれました。よくいるのが楽器をぶらさげて旅行しているタイプです。ギターはもちろん、現地で購入したドラムなど多いかと思います。オーストラリアのネイティブ楽器ディジュリドゥ(ググってみてください)など持って旅している人もいます。他方々で購入した民族衣装だったりをどっさり持っている方も多いです。


そのあたり、アジア系特に日本人は比較的荷物が少ないです。私も22リットルのバックパック一つでスタートしました。理由はシンプルに重いのが嫌だからです。時に何キロも荷物を持って歩く羽目になることを考えるとでかいバックパックは考えられません。このあたり純粋な体力にもよるところが大きいと思います。

実のところイギリス人の女の子の荷物がとんでもなく大きかったのでこちら言及しました。小柄な女の子(160cmは絶対なかったと思います)だったので特に印象に残りました。自分が入るんじゃないかといった大きさです。


前回申し上げたとおり、ネイティブ英語にしっかり触れるのが今回初めてだったと思います。日本で触れていた英語は比較的アメリカ英語が多かったと思います。私の中学には当時としてはまだ珍しかったと思うのですが、アメリカ人男性がALT的に来ていました。”I live in Takada no baba." という英語なまりでの高田馬場という響きとアメリカ白人のミスマッチにて毎回笑いをとっていたのをよく覚えています。


この時のイギリス人の女の子とのコミュニケーションの出来ですが、???ではなかったのですが、おそらく相当容赦してしゃべってくれていたと思います。それよりも当初は、ネイティブの壁をしっかりと感じていました。申し訳ないのですが、見た目もそのあたり関係するかと思います。こてこてのアジア系の見た目で片言(それでも自分よりずいぶんうまいのですが)英語の人と話すのと、The イギリス人(というのも良くない表現ですが)の人と話す際には気遅れをしてしまっていたわけです。このあたりは日本人、特に一世代、二世代前の方は共感してくれるのではと思います。


ただ、そのあたりも1日位ずっといるとずいぶん慣れました。後半はそういったことを意識することも少なかったと思います。また少人数だったことも良い状況だったと思います。ネイティブ話者が二人以上いる場合はもっと話に入りづらかったりしたと思います。一対一だとしゃべれるけど、って方はよくいるのではと思います。


#パンコール島

#バックパッカー

#イギリス英語


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Comments


bottom of page