top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.11.6 旅と英語⑪

パンコール島の宿に到着するとたくさんの小さなコテージが並んでいます。コテージといっても中の大きさはビジネスホテルのシングルルームよりずっと小さいです。ただ一人で泊まるには十分ですし、なにより安かったです。イギリス人の女の子もドイツ人カップルも同様にコテージに泊まるようです。


その後ほど近くにある海岸の食堂で一緒に食事をとりました。コーヒーがとても独特だったのを覚えています。


4人の会話はもちろん英語なわけですが、英語力的にもっぱら聞き役です。旅行を始めてから様々な国の人に会ってきたわけですが、ノンネイティブの英語がほとんどです。今回ドイツ人の英語をほぼ初めてしっかり聴いたわけですが、わかりやすいという印象がありました。


旅行者同士、バックパッカー同士はまた仲良くなりやすいと思います。というのも話す話題には割とことかきません。当時は特にネット環境が今ほど整備されていませんでしたので情報量も今ほど充実していません。そのため旅行者通しの情報交換がとても重要でした。宿で同室となった旅行者はどこからきたのか、どこへいくのかなどよく話しますので、だいたいこれから行こうとしている場所をすでに訪れてた旅行者から最新の情報を聴くことができます。


見どころや良かった食べ物、おすすめの宿など本当に参考になりました。もちろん自分が他の方に情報を提供することもあるわけです。こんな感じでコミュニケーションのそもそもの目的である情報を得ること、与えることがとても自然に行えます。話す理由が明確なわけです。話題を探す必要がありません。相手も日本人に興味があったり、単純に暇だったりの人が多いので、理由が無いと話しづらいシャイな日本人にも理想的な環境なわけです。


ひるがえって現在はスマホがその代わりとして重要な情報ソースとなっていると思います。その情報量は比べ物にならないぐらい充実しており、その分スケジューリングがしっかり立てられますし、トラブル回避が比較的容易かと思います。が、やはり現地の方から、出会った旅行者の方から生まれる少し偶発的な旅行のスタイルがやはり楽しかったりします。場所にもよりますが、一度スマホに頼るのを止めて、話すことで旅を作ってみることもおすすめです。その場合は思い通りにいかないこともありますが、そこも含めて楽しんで欲しいと思います。(もちろん安全を担保してになりますが)


#パンコール島

#英会話

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

2024.4.11 旅と英語㉟ 超悪路と超田舎

雄大なアンコールワット遺跡に魅せられ、シェムリアップののどかな雰囲気に癒され、旅にでてから始めて長居してもいいかもとおもった土地にはなりましたが、まだまだ訪れたい街はたくさんあります。後ろ髪をひかれながら出発します。次はベトナム、サイゴンです。 現状ではいろんな交通手段があるのかと思いますが、当時はまだやはりカンボジアの首都プノンペンに一度戻ることが一般的でした。 プノンペンからシェムリアップに来

2024.3.31 旅と英語 ㉞

シェムリアップで宿泊した宿はいわゆる日本人宿です。意味としては宿泊客のほとんどが日本人で占められる宿です。このような宿は世界各地ににいまだにたくさん存在すると思います。 こちらのご主人であった方は当時30代ぐらいの女性の方でした。そのため幼少期のころからいわゆるカンボジアの負の歴史を体験している世代です。このかたから当時の様子を聞く機会もありました。もちろん本人としては話すのもつらいのではないかと

コメント


bottom of page