top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.5.13 小学生のうちに⑤

申し上げたとおり、大人は英語の音をそのまま再現することが苦手です。

ネイティブの英語の音を自分の英語の音の”枠内”に落とし込んでしまいます。その誤差がほとんどの場合はコミュニケーション可能な程度だと思いますが、綺麗な発音を身に着けたい方は”意識的”に誤差を学んで発音を矯正していく必要があります。


対して子供たちはネイティブ音を(ほぼ)同じように再現できます。また、英語に関する知識もまだまだありませんので、音源を聴いた時に文章(知識)にひっぱられずに音を聴けます。この点が小学校のうちに(できれば低学年までに)音を聴いて、再現する練習をしてほしい理由です。


Mr. Sasaki is a principal. He greets students at the main gate.


という文章の音源があったときに、大人は文章(がなくても)知識にひっぱられます。そのため、ブツ切れになりますし、カタカナ英語になりがちです。対して子供たちは文法、単語の知識もまだまだで、そもそも”読めない” ので、そちらにひっぱられず、音源をそのまま聴くことができます。皆さんが苦労する、リンキング、リダクションなども初めからこちらバージョンで聴いておけば後で苦労しません。


さて、①英語を聴けるようになる、②英語の音を再現できるようになる の確認ですが、②ができていれば①はできていますので②の確認ですが、


•英語ネイティブ(得意な方)に確認してもらう

•パソコンで確認する(Google 英語音声検索、Otter など)


ことが可能ですが、ただ実のところそこまで神経質にならなくても良いと思っていまして、英語音源をもとに練習している限りはそこまでおかしい発音にはなっていないはずです。おお、うまいじゃんと思うぐらいで大丈夫です。もし気になるようであれば上記を試してみてください。ただし、嫌いになってしまうので、完璧は求めずに、子供たちの耳の良さを信じてあげてください。


同時に大人たちも今まで自分がしてきた発音を見つめなおす良い機会となりますので一緒に練習しましょう。


#英語学習

#子供英語

#英語発音

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

2024.4.11 旅と英語㉟ 超悪路と超田舎

雄大なアンコールワット遺跡に魅せられ、シェムリアップののどかな雰囲気に癒され、旅にでてから始めて長居してもいいかもとおもった土地にはなりましたが、まだまだ訪れたい街はたくさんあります。後ろ髪をひかれながら出発します。次はベトナム、サイゴンです。 現状ではいろんな交通手段があるのかと思いますが、当時はまだやはりカンボジアの首都プノンペンに一度戻ることが一般的でした。 プノンペンからシェムリアップに来

2024.3.31 旅と英語 ㉞

シェムリアップで宿泊した宿はいわゆる日本人宿です。意味としては宿泊客のほとんどが日本人で占められる宿です。このような宿は世界各地ににいまだにたくさん存在すると思います。 こちらのご主人であった方は当時30代ぐらいの女性の方でした。そのため幼少期のころからいわゆるカンボジアの負の歴史を体験している世代です。このかたから当時の様子を聞く機会もありました。もちろん本人としては話すのもつらいのではないかと

Comments


bottom of page