top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.7.15 中学生になったら⑤

①文法、語彙の理解 (1年~3年)

②まとまった量の文章の精読→音読 (4級合格後)

③発音記号の理解 (1年~)

④瞬間英作文 (3級合格後)

(⑤多読)


今回は④についてですが、こちらは記載通り基本的には3級合格相当の語彙、文法理解があったうえで実施したいです。


先ず実施理由ですが、これはシンプルに英語をつくる能力を鍛えるためです。すなわちアウトプット→ライティング能力、スピーキング能力につながります。通常一般的な日本人英語学習者はこの点が足りていないので知識があるのにしゃべれない、言っていることはわかるのにいいたいことが言えないといった状況になりがちです。


実施方法は簡単です。


●日本語の単文➡英語にする 


だけです。これは本屋さんでもアプリでもいいのですが瞬間英作文のテキストを買って練習するのみです。一応選ぶポイントだけ言いますと。(あくまでも中学生学習者=英語初級者むけです)


①文法事項別に順序だてて練習できる

②場面別でない

③音源がある


といったところがスタートとしてはいいと思います。


①は先ず何かというと、例えば


わたしはケンです。➡ I'm Ken.

彼女はエマではありません。➡ She's not Emma.

彼女のお父さんは医者です。➡ Her father is a doctor.

彼のお母さんは先生ですか?➡ Is his mother a teacher?


上記では 否定文、疑問文など含みますが、文法事項としては be動詞を使うということ前提があることでスムーズに学習できます。初級者向けはだいたいそうなっていますが、この方がやはり学習がしやすいです。


ちなみに文法事項がバラバラにでてくるテキストもありますがそれはあえて練習用にそうなっています。それはしかしながら上記の初級者用をしっかり終えてからです。


注意点としては、”瞬間” 英作文ですので、スピードが命です。考えることは無しです。もちろん最初はしょうがないのですが瞬間的にでないとライティングでは大丈夫ですが、スピーキングでは使えません。ですのであちこち手を出さずに一つの本をしっかりとやりこんでください。


また誤解いただきたくないのですが、本来の会話ではもちろんあれこれ考えながら話すことももちろんあると思います、ただそれは She's not Emma. のような文章ではありません。瞬間英作文で身に着けたいのは英文の中身でなく、骨組みの部分ですのでこれを構築できるようにしたいのです。


そこにより難解な専門用語や自分の考えを肉付けするにあたっては時間がかかることももちろんあると思います。ネイティブさんだってしかりです。


またコツを一つ申し上げますと、日本人は特に最初に完璧な文章を作ろうとする傾向があります。Is his mother a teacher? を頭の中にしっかり作ってから話すような状態です。


そうではなくて、先ずは出だし(主語と動詞)を出せるように注意してください。特に日本語では主語が省略されることもあるのでそのあたり慣れが必要ですが、先ず出だしだけでれば後はゆっくりでもつまっても会話的なリズムは悪くないはずです。


Is his mother ,,,, a teacher? だったり、もっといえば Is ,,,, his mother a teacher?

でも先ずはいいわけです。経験上ここがすらっとでてくると後は出やすいです。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

2024.4.11 旅と英語㉟ 超悪路と超田舎

雄大なアンコールワット遺跡に魅せられ、シェムリアップののどかな雰囲気に癒され、旅にでてから始めて長居してもいいかもとおもった土地にはなりましたが、まだまだ訪れたい街はたくさんあります。後ろ髪をひかれながら出発します。次はベトナム、サイゴンです。 現状ではいろんな交通手段があるのかと思いますが、当時はまだやはりカンボジアの首都プノンペンに一度戻ることが一般的でした。 プノンペンからシェムリアップに来

2024.3.31 旅と英語 ㉞

シェムリアップで宿泊した宿はいわゆる日本人宿です。意味としては宿泊客のほとんどが日本人で占められる宿です。このような宿は世界各地ににいまだにたくさん存在すると思います。 こちらのご主人であった方は当時30代ぐらいの女性の方でした。そのため幼少期のころからいわゆるカンボジアの負の歴史を体験している世代です。このかたから当時の様子を聞く機会もありました。もちろん本人としては話すのもつらいのではないかと

Comments


bottom of page