top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.8.26 旅と英語②

シンガポール初日は念のため予約をとりました。この時に空港を出たときの空気の暑さはよく覚えています。日本の真夏をゆうに超えた熱気です。南国に来たんだという実感を得た瞬間です。


自由旅行なので、2日目以降は泊まるところ、食べるところ、遊ぶところ、全て自分でなんとかしないといけません。その時にまさに思ったことが、不安でなく(少しはあったかと思いますが)圧倒的な自由さによる解放感です(笑)。シンガポールの熱気の中、リュック一つで歩く中思わず笑顔になってしまったことをよく覚えています。


空港や、初日のチェックインの際は何となく、はいはい言っているだけで何とかなったのですが、これからはしっかり自分からの意思表示が必要です。いわゆる教室内の英会話でなく、実践英会話の機会はすぐに訪れました。雑貨店にて安宿は無いか聞いてみます。言及するのを忘れていましたが、当時スマホは無い時代です。インターネットがようやく一般的になった位のタイミングですので、会話で得る情報がより重要だった時代なわけです。


正確なフレーズはわかりませんが、レジに座るインド系のこわもてのお兄さんに


”Do you know cheap hotel around here?”


位だったと思います。冠詞は当時ほとんど意識していなかったです。


すると一応リアクションが、言葉でなく、指で天井をさしてくれました。要は2階に安宿があったわけです。ともあれ、コミュニケーション成立です。


お店の脇に外階段があり2階へと上がると、簡単なカウンターがあり宿泊所なのだとわかりました。ドミトリー(相部屋)の知識はもちろんあったので個室もあったのですが、安いドミトリーに宿泊することとしました。リュックを追いて一息つきます。まだまだ信用できる宿かどうかの嗅覚はもちろんなかったのですが、清潔で明るく、雰囲気が悪くありませんでした。記念すべき旅の第一歩です。


すごくしょうもないですが、こういった現実的目的達成のために必要な英会話(この場合は会話ではないかもしれませんが)の時間はとても大切です。仕事でもプライベートでも何でも良いのですが、こういう機会をやはり持つことで、英語の知識を武器に変えていけるのかと思います。


バルコニーがあったので、出てみると体格のいい白人男性が、こういった場では自然と会話になります。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Kommentarer


bottom of page