top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.9.9 旅と英語④

今回の大冒険(自分としては)の前に海外経験が無かったのでビビッてシンガポールスタートにしたのはやはり正解だったと思います。やはり英語は他言語と比べて格段に親しみやすいです。日本で英語は全然ダメと言ってる方でも英単語は、発音の微妙さはおいておいても数千レベルで知っていると思います。日常会話においては単語を勉強する必要が無いという論調もあながち否定できません。


シンガポールでなくてもマレーシア、タイ、ベトナム、カンボジアも当時はもっと観光業が大事な財源ですし、国内のマーケット規模を考えると外向きにならざるを得ません。その意味でも当時から(20年ほど前ですが、、)英語に対する意識はビジネスマンだけでなく、その辺のおばちゃん、おじちゃん、子供たちにいたるまで高い印象を持ちました。現状は少し違っているかと思いますが、日本に比べればまだまだお店番をしている子供たち、食堂を手伝っている子供たちは多いはずです。実地にて英語を使う状況があるということは動機づけの意味ですごく大きいと思います。現在でも日本はどうでしょうか。やっぱり機会をみつけに行かないと難しいと思います。


また、これらの国々のメディアーテレビや今ではネットですが、日本のように国内の番組制作力が高くない時代にはそれこそ、海外のドラマ、番組などを見る機会がとても多いのかと思いました。先ず東南アジアをうろうろしていた時には少し古めの日本のドラマを視る機会が良くありました。吹き替えだったりはしたと思いますが、それでも日本と比べて外への意識はやっぱり育つ土壌であるのかと思います。その意味でも日本の閉鎖性は(良くも悪くもですが)独自なんだなということを実感できた点は先ず意味があったと思います。


#英語学習 #シンガポール #バックパッカー

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Comments


bottom of page