top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2023.4.15 旅と英語㉖

今回の世界一周貧乏旅をするにあたっての準備はかなりいい加減でしたが、それでもいろいろな本を読んで(ちょっぴり)知識は蓄えました。宿の探し方、両替の仕方、医療に関すること、治安情報など安全を担保することももちろんでしたが、やはり何より気になったのは”どこへ行きたいか”です。


ネットの情報がまだ乏しかった当時はもっぱら地球の歩き方をはじめガイドブックで情報を集めることとなるのですが、またこの時期は深夜特急や、それを模した猿岩石の旅によってアジアを中心とした貧乏旅行はなかなかのブームだったのでそちらに関する書籍もたくさんありました。


地球の歩き方は情報もそうですが、やはり掲載されている写真もとても魅力的でした。最初に目指す場所は、中国か東南アジアと決めていましたのでそちらについてはかなりじっくり読み疑似体験をしていました。


数々の観光地の中で一番興味を惹かれたのがアンコールワットです。こちらは東南アジアというだけでなく、世界でもトップクラスに人気のあるスポットではないでしょうか。かなり歴史があるにも関わらず、荘厳な建物とその大きさのものが現在までかなりしっかり残っているという点ではなかなか他にありません。確かですが、当時の地球の歩き方東南アジア編でも単独の観光地としては一番扱いが大きかったかと思います。


で、このアンコールワットがどこにあるのかと言いますと、タイでも、マレーシアでもベトナムでもありません。それはカンボジアです。カンボジアという響きは私の年代であるとやはりネガティブな響きが少し伴うことは事実です。内戦とそれに伴っての食糧難で人々の暮らしはおせじにも豊かでは無く、経済発展も難しかった国です。


実のところこのあたりの実情というのはやはり行く前にはあまりわかっていませんでした。しかしながら、実際にガイドブックにて紹介している!という事実から、行くことは可能であるという認識でいましたので、是非ここは見てみたいという思いに駆られてバンコクから先ずはプノンペンへ飛行機で飛ぶこととなりました。


ちなみにですが、タイの空港で日本人旅行者と一緒になり少し話をする機会があったのですが、その方にこれからカンボジアへ飛ぶ旨を伝えると、初海外でカンボジアはなかなかのチャレンジだね。と言われたことがとても印象に残っています。もちろん渡航禁止といったレベルでは無かったのですが、まだ内戦が終わって間もなく、まだまだ政府が安定しない上に、田舎では実際に地雷が埋まっており、場所によっては山賊や海賊の類もでるといった国でしたの。


そのため、やや緊張感を伴ってバンコクを飛び立ちました(笑)。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Comments


bottom of page