top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2023.5.25 旅と英語㉘

カンボジアの首都プノンペンに降り立ちました。今回の宿は空港で出会ったヨーロピアンカップル(国籍は忘れましたが)にのっかった感じで決定しましたが、民家を改造したようなゲストハウスで部屋は個室を使いましたが綺麗でその割にとても安価でした。床がタイルなのでしょうか、大理石のようにつるつるなので、横になると冷っとして気持ちが良いです。朝早くバンコクを出たので、しばし床に寝転んで昼寝をしました。


宿には大きめのバルコニーがあり、テーブルが置かれていて旅行者の共有スペースとなっていました。空港で出会ったカップルがいたのでしばし談笑しました。旅行者のほとんどは欧米系で日本人は私だけだったかと思います。おそらくですが、英語のガイドブック(ロンリープラネットなど)には記載があるものの、日本人向け(地球の歩き方など)には載っていない宿だったのかと思います。


タイでは結構引きこもり生活に近かったので、他の旅行者と話すことが少なかったかと思います。英語もなのでお店やレストラン、観光地でのやりとりしかしなかったのでかなり限られたものでした。なので今回のフリートーク的なものは割と久々です。言っている内容がすべてわかるわけではないのですが、何となくはわかるレベルです。ただしこちらからの発言はまだまだでした、言いたいことを端折って話す感じです。


ただ、今となってはですが、この端折って、簡単に話すことは英語他多言語で話す際のスタートだと思いますし、良いことだと思います。日本語の直訳をしようとすると日本語並みに文章の長さや詳しさを表現しようとするので、結局は何を言っているのかわからなくなったりしますし、表現的に誤りにもつながりやすいです。


そうではなく、質問の内容に先ずはしっかり答えることが大切だと思います。それは単語レベルでも良いのです。そこからスタートして英語の考え方で情報を足していく流れができてくると英語で話すストレスは減ってくると思います。私もまだまだですが、ストレスは(込み入ったことは難しいですが)現在はあまり感じません。


プノンペンの街をぶらつきましたが、シンガポール、マレーシア、タイと比べると、これからの街といった印象を受けました。なにしろ建物が崩れていたりなど、すぐ最近まで戦いが行われていた痕跡があちこちにありました。ただ皆さん、子供たちは特に元気です。夕方の街を歩いているときには、ここでも古き良き、昭和的な日本の路地を歩いているような気持ちになれました。自分はバリバリの昭和経験人間ですので、そのあたり記憶に残っているのではと思います。これはやっぱりアジアの街でしか経験できないことだと思います。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

2024.4.11 旅と英語㉟ 超悪路と超田舎

雄大なアンコールワット遺跡に魅せられ、シェムリアップののどかな雰囲気に癒され、旅にでてから始めて長居してもいいかもとおもった土地にはなりましたが、まだまだ訪れたい街はたくさんあります。後ろ髪をひかれながら出発します。次はベトナム、サイゴンです。 現状ではいろんな交通手段があるのかと思いますが、当時はまだやはりカンボジアの首都プノンペンに一度戻ることが一般的でした。 プノンペンからシェムリアップに来

2024.3.31 旅と英語 ㉞

シェムリアップで宿泊した宿はいわゆる日本人宿です。意味としては宿泊客のほとんどが日本人で占められる宿です。このような宿は世界各地ににいまだにたくさん存在すると思います。 こちらのご主人であった方は当時30代ぐらいの女性の方でした。そのため幼少期のころからいわゆるカンボジアの負の歴史を体験している世代です。このかたから当時の様子を聞く機会もありました。もちろん本人としては話すのもつらいのではないかと

Kommentare


bottom of page