top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2023.5.9 旅と英語㉗

プノンペンに無事降り立ちました。ちなみに飛行機到着後はターミナルまで歩きでした。周辺はのどかな自然が広がっており、大都市バンコクとはとても対照的でした。


とても小さい空港だったのが印象深いのですが、しっかりとカンボジアビザをゲットしていましたので問題なく入国です。毎回パスポートにもらえるビザのデザインはそれぞれのお国柄もでていて、今でももちろん保管しているのですがとてもいい記念になっています。カンボジアで4か国目となりました。


空港をでると客引きがわんさかいます。よく考えるとこれからさんざんに超強力な出向えを駅やバス停で受けることとなるのですが、カンボジアから一気に増えることとなったかと思います。現状は違うかと思いますが、カンボジア、ベトナム、インド、ネパールあたりではどこも熱烈大歓迎でした。私のような小汚い旅行者が大人気になる瞬間です。


それはとりもなおさず、彼らの経済状況を物語っています。客引きは、直接の宿の人、その代理の人、タクシーやリクシャーの運転手などいろいろですが、彼らの生活がそこにかかっています。そのためかなり強引な争奪戦が行われます。今回私はどうしたかと言うと、飛行機で同乗していた、外国人旅行者にのっかることとしました、白人カップルさんで何となくの好印象から同じ宿に行くこととしました。タクシー代もそれで割安になります。


ちょこっと触れておきますが、タクシーやリキシャーやトゥクトゥク、バイクタクシーなど個人客を相手にする交通機関は便利です。ただ個人のやりとりになるのでその分トラブルに巻き込まれることも増えてきます。何しろ見知らぬ土地で、見知らぬ人に状況をゆだねるわけなので。


なので、当初はかなり”慣れている”感を出すことに必死でした。”One of my friends lives here and I visit him.""I have been here many times." "I have a Cambodian friend" などなど。何となくですが、”悪いことはできませんよ!”をアピールしていましたが、ドライバーさんもたくさんの観光客を出迎えていると思いますので、そのあたりの発言が逆に初心者感を出していたかもしれません(笑)。


とはいえ、安全を担保することは大事です。なので他の旅行者とタクシーをシェアする。どこかある程度信頼できる第3者を通して利用するなどはできる限りにはなりますが、やはり大事なことかと思います。


誤解なくですが、多くの方は良いかたです。ただ中には強引にでも客を捕まえて何とかその日の食事を家族に与えようと必死だったりもすると思います。究極的には犯罪まがいの手口を使う人もごく少数ですがいたりします。ただそれも含めてある程度安定した経済状況にある、少なくとも海外へ飛び立てるだけの時間的、金銭的余裕がある人間の目線とはそもそも大きく異なるということを、旅する中でいろいろ考えることとなります。それはとても貴重な経験でありました。


これまでもそういった場面には遭遇して来ましたが、カンボジアはそれをより一層認識させる国となります。


#タクシー

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.1.9 旅と英語

シェムリアップからバイクの後部座席にまたがりカンボジアのおっちゃんといっしょにまだ暗い街を一路アンコールワットへと走ります。 しばらくすると遺跡の一部に到着し、上に登ります。空が白んできたので一面のジャングルと遺跡群が360度に見渡せます。さすがの地元ガイドさんのチョイスです。朝日がジャングルと遺跡群を照らし神々しい景色です。角度によっては現代風の建物は視界に入らないので、何百年前の景色もさほど変

2023.7.12 旅と英語㉛ 

シェムリアップはプノンペンとは大きく違い、基本的には自然に囲まれた村といった方が近い田舎町でした。ボートがついた場所からは少し距離があります。 ボートが到着すると先ずは大歓迎を受けます。もちろんシェムリアップからやってきた客引きの方々です。有名人になったかのようにあちこちから声をかけられます。中にはすでに予約がある人もいるのでその場合は、空港での出迎えのように名前いりのボードを持っていたりします。

2023.6.21 旅と英語㉚

プノンペンで衝撃を受けた後、いよいよハイライトであるアンコールワットに向かうため観光の拠点となるシェムリアップに向かいます。こちらには3通りの行き方があります。 先ずはやはり固く楽ちんな飛行機です。こちらがやはりおすすめです。それからピックアップトラックで陸路を延々と進む方法です。こちらも多いです。 では無く第3の方法を選んだのですが、それはボートで川を北上しトンレサップ湖を縦断していく方法です。

bottom of page