top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2023.6.8 旅と英語㉙

カンボジアというと先ずはアンコールワットをイメージするかたが多いと思いますが、同時に訪れて欲しい場所としてはツールスレーン博物館およびキリングフィールドです。こちらではカンボジアだけでなく、人類としても特筆すべき悲劇の記録について学ぶことができます。


詳しくは割愛しますが、1970年代、ポルポト政権下にて何百万人(!!!)の方が殺されているとのことです。ヒトラーやスターリンと比べて同じアジアの日本人でさえその事実を意外としらない方も多いのではないでしょうか。かくいう私もその規模の大きさはしっかり把握しておらず、またカンボジアを訪れていなければ正確に知ることもなかったかもしれません。


プノンペンではホテルや観光地などでは必ずたくさんのバイクタクシーが待機しており、出かけようとすると声をかけられます。物価が安く、また公共の交通機関がまだ乏しかったこともあり移動はもっぱらバイクタクシーとなります。


カブのようなバイクの後部座席にしがみつき一路プノンペン郊外のツールスレーン博物館を目指します。カンボジアはプノンペンでも当時は道路状況が良くなく注意して乗る必要がありました。さらに田舎では4輪駆動の車でないとなかなか難しいと思われる道路が多かったです。


先ずはツールスレーン博物館です。こちらはもともと学校だったようですが、その中で拷問や虐殺が行われていました。建物内には虐殺の現場、めちゃめちゃ狭い独房などなどが当時そのままの雰囲気で残されています。博物館とはいってもほぼ装飾などはされずにシンプルに展示されていますので逆に実際の空気感を感じることができます。先入観からかもしれませんが、とにかく内部の空気がとても重く息苦しいのです。


一番印象的だったのは処刑者の写真が壁一面に張られた部屋です。処刑直前に撮られたというたくさんの絶望というか、あきらめというかの表情といやでも視線が合います。これが事実起ったこと、それも現代に起ったことは信じがたいことと思えますがそれだけ人間は残酷になりえるということをこの建物ははっきりと伝えています。これだけの行為は少人数ではできませんので。。。


その後近くにあるキリングフィールドにて慰霊塔を見学します。こちらは実は骸骨が中に埋葬されています。キリングフィールドの名前はもちろん英語の”Killing Field”、虐殺の場所です。後にホロコーストミュージアムなども訪れ、そちらのインパクトももちろん大きかったのですが、当時の雰囲気を伝える迫力としてはやはりこちらが強かったかと思います。


宿の近所の路地ではいつも夕方涼しくなってくると子供たちが元気に遊んでいます。昼間の経験からのこういった平和な日常との対比に遭遇すると自分の生まれ育った環境などについて新たな視点が持てるようになります。多くの皆さんに特に若い方に海外を訪れて欲しいと思うことの一つはこの点です。


#カンボジア

#ポルポト

#キリングフィールド

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.1.9 旅と英語

シェムリアップからバイクの後部座席にまたがりカンボジアのおっちゃんといっしょにまだ暗い街を一路アンコールワットへと走ります。 しばらくすると遺跡の一部に到着し、上に登ります。空が白んできたので一面のジャングルと遺跡群が360度に見渡せます。さすがの地元ガイドさんのチョイスです。朝日がジャングルと遺跡群を照らし神々しい景色です。角度によっては現代風の建物は視界に入らないので、何百年前の景色もさほど変

2023.7.12 旅と英語㉛ 

シェムリアップはプノンペンとは大きく違い、基本的には自然に囲まれた村といった方が近い田舎町でした。ボートがついた場所からは少し距離があります。 ボートが到着すると先ずは大歓迎を受けます。もちろんシェムリアップからやってきた客引きの方々です。有名人になったかのようにあちこちから声をかけられます。中にはすでに予約がある人もいるのでその場合は、空港での出迎えのように名前いりのボードを持っていたりします。

2023.6.21 旅と英語㉚

プノンペンで衝撃を受けた後、いよいよハイライトであるアンコールワットに向かうため観光の拠点となるシェムリアップに向かいます。こちらには3通りの行き方があります。 先ずはやはり固く楽ちんな飛行機です。こちらがやはりおすすめです。それからピックアップトラックで陸路を延々と進む方法です。こちらも多いです。 では無く第3の方法を選んだのですが、それはボートで川を北上しトンレサップ湖を縦断していく方法です。

bottom of page