top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2024.6.18  お風呂の椅子でディナー

新しい街ではやはりうろうろすることが先ずは楽しいです。ただしさすがベトナムでともかく暑いです。あまり頑張るとすぐに疲れてしまいます。


旅行の印象を決定づけるものの一つの要素として大きなものは食事です。こちらはほぼ皆さん依存が無いかと思います。風光明媚な観光地であっても食事がいまいちだとやはり気分は損なわれます。今まで、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジアときてそのあたり口に合わないメニューも確かにありましたが”これはうまい”というものが先ずあるので、食事面では困りませんでした。


で、ベトナムですがこちらも例外でなく口に合いました。特に特徴的なのがストリートの屋台が多いことです。今ではベトナムの方がたくさん日本にも来ている、住んでいるためか、レストランも増え、ベトナム料理もなじみがあると思いますが、当時の自分はほとんど経験が無くほぼ初体験でした。そんな中でめちゃめちゃ食べたのが、ベトナムうどんの、フォーと、サンドイッチ、バインミーです。


フォーは米粉の麺でスープはさっぱり目でとても食べやすいです。そのため昼夜とわず大分食べました。屋台だけでなく食堂でも提供していたりとありとあらゆるところで食べられるので何となく困ったらフォーを頼んでそれぞれのお店の特長を楽しみました。ただしまいにはホームステイ先(笑) からほど近い屋台のフォーにはまりかなりリピートしました。


バインミーも屋台がいたるところにあり、おいしさと安さに加えそのボリュームが貧乏旅行者にはとても助かりました。 それまでフランス領であった歴史などもわかっていなかった自分はフランスパンであるバインミーから知った次第です。昨今では日本でもいろんなところで食べられるようになりました、おすすめです。


ちなみにタイトルの意味ですが、ググっていただくとわかりやすいのですが、ベトナムの屋台の椅子はやたら低いのです。腰痛もちの方などは少しきついかもしれませんが、慣れるとそれはそれで悪くありません。そう、ちょうどお風呂で使うプラスチック製の椅子のイメージです。


夜すごしやすくなった時にその椅子に座り、低い目線で通りの車や人の流れを眺めながらビールとフォーをすすり、ボケっと過ごす時間をよく持ちました。地元の人や、他の旅行者たちと何をするでもなくだらだらする時間は、金額でなく、とても贅沢な時間だったと思います。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.25 旅と英語 ㊵ 愛の谷に一人

前述した通り、シンカフェではツアーを取り扱っています。だらだらモードをぬけて少し観光をしようと思い立ち、宿にあったガイドブックで見つけたダラットという山間の景勝地を目指します。バスで6時間ほどとかなりありますが、このあたりまでくるとその位の移動は普通に受け止められるようになってきました。 ベトナムの風景は、タイとも、カンボジアとも少し違う印象です。田んぼだったり、畑だったりの風景が自分の中の昔の日

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

Comments


bottom of page