top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2024.6.25 旅と英語 ㊵ 愛の谷に一人

前述した通り、シンカフェではツアーを取り扱っています。だらだらモードをぬけて少し観光をしようと思い立ち、宿にあったガイドブックで見つけたダラットという山間の景勝地を目指します。バスで6時間ほどとかなりありますが、このあたりまでくるとその位の移動は普通に受け止められるようになってきました。


ベトナムの風景は、タイとも、カンボジアとも少し違う印象です。田んぼだったり、畑だったりの風景が自分の中の昔の日本のイメージです。とても懐かしく心地よい景観を眺めながらバスの時間を楽しみました。


ダラットはなんでも新婚旅行の聖地だそうです。標高が少し高いため過ごしやすく、また植物などの種類も異なり、建物なども含めて少し異国情緒があります。ホテルもハネムーナーを意識してかおしゃれなものが目立ちます。ですが、、何せこちらは貧乏なシングルバックパッカーです。後にグアムの一人旅の時にも感じたのですが(こちらはトランジットで立ち寄りました)やはりマーケットに合っていない旅行者にとっては楽しみ切れない気持ちもあります。男一人でラブバレー(Love Valley)はきついです(笑)。


とはいえですが、アップダウンが多い経験は大変なのですがそれなりに楽しい経験になりました。観光地でもあるのでそのあたりのほんわかムードも私は大好きで皆が舞い上がっている感覚は伝染するのでしょうか、こちらも気分が良くなったりもします。


また、真面目な話にもどすと、こちらもマーケットがやはりあるのですが子供たちの手伝いがとても多いです。このあたりもアジア諸国ではどこもそうでした。自分たちの遊ぶ時間、勉強する時間を削って店番やお手伝いをしている状況は今の日本では少数であると思います。


ただ、このような状況で自然とコミュニケーションスキルや、働くという経験値を伸ばす(いやいやでも)ベトナム人の子供たちと、学校に行っていても英語のスキルがなかなか伸びない日本人、という図式は興味深いと思います。両方必要だと思いますが、理論だけで、実践経験が無いとやはり知識は活きないことが多いので、そこはバランス良い環境が必要なのではと思います。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.18  お風呂の椅子でディナー

新しい街ではやはりうろうろすることが先ずは楽しいです。ただしさすがベトナムでともかく暑いです。あまり頑張るとすぐに疲れてしまいます。 旅行の印象を決定づけるものの一つの要素として大きなものは食事です。こちらはほぼ皆さん依存が無いかと思います。風光明媚な観光地であっても食事がいまいちだとやはり気分は損なわれます。今まで、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジアときてそのあたり口に合わないメニューも

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

Comments


bottom of page