top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#51 2022.2.22 英語と家庭学習について ④

少し話題からは逸れるのですが、付け足したいことがあり、④です。

何かといいますと、前回まで触れた物語(本)での英語導入のメリットです。


メリットは多岐にわたります。

●語彙、表現を増やせる

●語彙、表現の使い方がわかる

●読む力がつく

●聴く力がつく

●発音が良くなる(イントネーション、ストレス含む)

●楽しい

●聴くだけでも学習できる


まだまだあるかもしれません。


さらに言うと上記をまとめて一言、語学学習として一番重要な”量”を増やすのに理想的であると(勝手に)いえます。


英会話スクールであっても、学校であってもテキストの英語量は少ないことが多いです。ピンポイントで英語を使うような場合は効率の良い英語学習法はあると思いますが、4技能合わせたきちんとした英語運用を目標にする場合はやはり一定量の英語のインプット(とアウトプット)が必要です。


読書(ネット閲覧などでももちろん良いです)を習慣にできると例えば児童書でも相当な量の英語をインプットできます。このことが英語への感覚をつかむことの手助けになります。この感覚をつかむことで自然な英語表現が生成できるようになります。学習年代によってはネイティブに近い感覚の獲得は難しいのですが、少なくとも理解不可能な英語はつくらなくなると思います。


それだけ、正しい英語(これはいろいろな意味を含んでしまいますが、ネイティブとそれ同等の話者が使う英語)に多く触れることは意味があります。


そして何より、知識として、またエンタメとして楽しめるという点も今一度強調したいです。英語は楽しんで伸ばしてなんぼです。


#英語学習

#英語読書


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Комментарии


bottom of page