top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#56 2022.3.17 ”本物”教材利用のすすめ①

英語に触れる方法について少し。

以前から、できるだけ本物の英語に触れましょうということは申し上げてきました。本物の英語とはつまり学習用のテキストや音源でなく、英語話者がフツーに利用している英語、英語媒体です。


先ず大前提を忘れていました。仕事で英語に触れているかたはそれがまさに本物の英語です。内容がどんなに難解でも興味から離れていてもこちらは逃げるわけにはいきません。大きなモチベーションで取り組んでいると思いますので、その学習効果としては最大限です。また面白いもので、興味がない、難しいといった内容も続けていくとどんどんらくちんになり、また興味も(少しは、、)わいてくるものだと思います。何せ生活がかかっていますので。


仕事で使う英語には自信があるし、問題全くなしという方であれば特に仕事以外で英語に触れる必要はない(興味なければ)かと思います。そこはそれでも良いと思います。


ただやっぱり使い古された言い方ですが、英語はやはり世界を広げますし、仕事以外で英語に触れることで違う方面の英語を鍛えられます。


英語媒体はといいますと。


●紙媒体、書籍、雑誌、新聞など

●ネット、動画、記事、SNS

●映画、DVD


ざっくりこんな感じでしょうか。もちろん友人、知人との交流もあればそれに越したことはありません。


英語に触れることで情報量が各段に広がります。上記利用が0であるかたもあまりいないかと思いますが、例えば英語学習に飽きてしまった方、そもそも英語学習をしたくない方は是非こちらの切り口でスタートしてほしいです。とっつきやすいやり方を少し話します。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024. 5. 11 旅と英語 ㊳ ベトナムでホームステイ

ベトナムの首都ホーチミンに無事到着です。タクシーをシェアしたご夫婦ともこちらでお別れです。ついた場所はバックパッカーのベトナムでの聖地、シンカフェでした。 シンカフェはカフェというよりも、(カフェも当時はあったと思います)がツアー会社で、各種ツアーと、長距離バスのチケットを取り扱っているところです。そしてこちらを中心に安宿があたりにたくさん存在しています。 タクシーを降りると当たり前のように客引き

2024.5.1 旅と英語㊲ カワサキのホンダ

カンボジアとベトナム国境はとてもシンプルでした。しっかりとベトナムビザをとっていたので(当時ビザが必要でした)、問題無く入国です。この先いろいろな国境を超えることになりますが、賄賂的なことを要求されることがアジア横断では(私には)無かったです。 いよいよ5か国目のベトナムに入りました。ベトナムの印象は、、というと正直ベトナム戦争というところが先ずあり、観光地としてはそこまでピンと来ていませんでした

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

Commentaires


bottom of page