top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

#24 2021.12.8  英検1級受験レポート①

更新日:2022年1月13日

今回から、10月10日、11月23日に受けた英検受験についてレポートさせていただきます。今回久々の受験になります。(前回2018年1月受験)


私が住んでいる横浜市の会場で希望を出しましたが、なぜか東京の高輪にある明治学院大学での受験となりました。ただし最寄駅からJR一本なのでアクセス的には悪くありませんでした。


入場開始12:40、説明開始13:20とのことでしたので、余裕を持って到着できるように出発しました。また時間がお昼すぎなので食事のとり方を迷いましたが、家で食べると少し時間が早く、長丁場の試験であるのであとでおなかがすきそうです。直前に少しだけ食べることとしました。目の前にコンビニがあるようなので、そちらでお茶とパンを買って久々の学生気分を味わいながら、大学構内のベンチにでも座って食べる計画です。


高輪ゲートウェイ駅(初めて降りました!)で下車後、徒歩10分位にて会場につきます。コンビニにてお昼を買い、道路を渡ってキャンパスに入ります。すでに開場時間は過ぎていたので大勢の人の流れがありました。大学なのでベンチぐらいあちこちにあるだろうとたかをくくっていましたが、意外となく、またそんなことをしている人は皆無だったので視線をさけて食べられる箇所を探すのにやや苦労しつつ見つけたベンチにて簡単なお昼をとりました。この時点で12:50ぐらいです。


会場に向かいます。級ごとに教室がもちろん違うので指定の建物に先ずは向かいます。建物に入るとどの教室に行けばいいのか掲示があったので該当する3階へと向かいました。今回コロナ対策として事前にヘルスチェックをHP上でするよう指示があったので、そのスマホ画面を準備してから会場にはいりましたが建物入口ではそれを提示する必要はありませんでした。


教室に入ると13:00にはなっていませんでしたがすでに大勢の方が着席していました。英検では基本的に好きな席に座れます。ただし今回はコロナ対策としてうまく間をあけられるよう座れない席にバッテンマークがされていました。何となく落ち着くということで、窓側、一番後ろの席が空いていたのでそちらに座ることとしました。

#英検

#英検受験

#英検1級

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.1.9 旅と英語

シェムリアップからバイクの後部座席にまたがりカンボジアのおっちゃんといっしょにまだ暗い街を一路アンコールワットへと走ります。 しばらくすると遺跡の一部に到着し、上に登ります。空が白んできたので一面のジャングルと遺跡群が360度に見渡せます。さすがの地元ガイドさんのチョイスです。朝日がジャングルと遺跡群を照らし神々しい景色です。角度によっては現代風の建物は視界に入らないので、何百年前の景色もさほど変

2023.7.12 旅と英語㉛ 

シェムリアップはプノンペンとは大きく違い、基本的には自然に囲まれた村といった方が近い田舎町でした。ボートがついた場所からは少し距離があります。 ボートが到着すると先ずは大歓迎を受けます。もちろんシェムリアップからやってきた客引きの方々です。有名人になったかのようにあちこちから声をかけられます。中にはすでに予約がある人もいるのでその場合は、空港での出迎えのように名前いりのボードを持っていたりします。

2023.6.21 旅と英語㉚

プノンペンで衝撃を受けた後、いよいよハイライトであるアンコールワットに向かうため観光の拠点となるシェムリアップに向かいます。こちらには3通りの行き方があります。 先ずはやはり固く楽ちんな飛行機です。こちらがやはりおすすめです。それからピックアップトラックで陸路を延々と進む方法です。こちらも多いです。 では無く第3の方法を選んだのですが、それはボートで川を北上しトンレサップ湖を縦断していく方法です。

bottom of page