top of page
検索
  • 執筆者の写真濱田 実

2022.4.7 "本物"教材利用のすすめ⑥

動画利用について、少し補足事項です。


動画の種類については、好きな有名人、ジャンルから入るのがもちろん良いのですが、よく言われる、ニュースや、ドキュメンタリー、紙媒体でいうとNewsWeekやTimes、または英字新聞などはどうかといいますと、こちらももちろん良いと思います、単純に役立ちかたが違うというところを理解ください。


すでに今回のトピックにて触れていることですが、このようなお堅い媒体においては文体が客観的な事実を述べている関係上、日常会話ではそのまま使える表現が少ないということです。


もちろん役にたたないということではありません。例えばFriendsの表現をパーフェクトに聴けて、使えるようになっても、ウクライナ情勢などについて深く討論することはなかなかに難しいですが、ニュースなどの媒体では時事問題に関する語彙、表現を多々学ぶことができます。このあたりの語彙の増強はかなり高度な単語帳でも通常難しいです。


矛盾して聞こえなければ良いと思いますが。ですので、日常のやりとり表現と、ニュースなどの時事英語を混ぜていけばよいわけです。


学習者の方は今までの英語の触れ方として、

●お堅い表現、語彙には自信がある

●カジュアル表現には自信がある

のどちらかに偏っているのであれば是非そのあたり意識して弱点を補足していけばよいのかと思います。


ビジネス英語は良くできるけど、商談や会議の合間での会話に困っている方、逆に日常会話は全く問題ないけれど、仕事向けにシフトしきれない方(仕事によりますが)ができない方などはそのあたりの強化が必要となります。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.17 旅と英語㊱ 中高年バックパッカー

シェムリアップののどかな雰囲気からするとプノンペンはやはり都会です。不思議なもので、一度訪れた街は、たとえどんなに短い期間であってもなんとなく勝手知った感覚になりほっとする気がします。そもそも、特に私の旅行のスタイルですとかなり適当に新しい街へ向かうので到着してからその街を理解し始めることがほとんどです。そこにはもちろんわくわく感があるのですが、不安もあります。 という意味でも、どこへ行くと宿が集

2024.4.11 旅と英語㉟ 超悪路と超田舎

雄大なアンコールワット遺跡に魅せられ、シェムリアップののどかな雰囲気に癒され、旅にでてから始めて長居してもいいかもとおもった土地にはなりましたが、まだまだ訪れたい街はたくさんあります。後ろ髪をひかれながら出発します。次はベトナム、サイゴンです。 現状ではいろんな交通手段があるのかと思いますが、当時はまだやはりカンボジアの首都プノンペンに一度戻ることが一般的でした。 プノンペンからシェムリアップに来

2024.3.31 旅と英語 ㉞

シェムリアップで宿泊した宿はいわゆる日本人宿です。意味としては宿泊客のほとんどが日本人で占められる宿です。このような宿は世界各地ににいまだにたくさん存在すると思います。 こちらのご主人であった方は当時30代ぐらいの女性の方でした。そのため幼少期のころからいわゆるカンボジアの負の歴史を体験している世代です。このかたから当時の様子を聞く機会もありました。もちろん本人としては話すのもつらいのではないかと

Comments


bottom of page